助成金のご案内
健康保険の加入者が出産したとき、出産育児一時金が支給されます。
出産育児一時金の支給額は40万4千円です。妊娠12週(85日)以上であれば、死産・流産の場合でも支給が受けられます。また、在胎週数22週以降で、かつ産科医療補償制度に加入する医療機関等での出産(死産を含む)の場合は1万6千円が加算され、支給額は42万円になります。
詳しくはこちらをご覧ください

長野市以外の市町村でもほぼ同額の出産育児一時金が支給されていますので、それぞれの市町村HPにてご確認ください。

産科医療補償制度
平成21年1月1日以降に生まれた赤ちゃんについて、もし脳性まひとなった場合に、医療事故あるいは分娩時のトラブルの有無に関係なく、その赤ちゃんと家族の経済的負担を速やかに補償する制度です。
運営組織である日本医療機能評価機構に、患者登録と施設登録を行う必要があり、当院は施設登録を済ませておりますので患者登録を行ってください。(当院で可能です)出産後に同機構に分娩済み情報を連絡し保険料を支払います。
その際、患者さんに保険料をお支払いいただくため、出産時の費用が増えますが、各健康保険組合より支給される出産手当金が増額して支給されますので、患者さんの実質的負担は増えないように考えられています。
詳しくは加入説明時にご説明させていただきます。

最近の記事

  1. 祝い膳

    2020.01.2

アーカイブ